明確な検査が難しい|うつ病かなと思ったら専門医を受診!【再発する可能性が高い精神病】

明確な検査が難しい

ハート

性格を知ること

うつ病になるとさまざまな症状が現れます。他の病気とは異なり、血液検査やレントゲン検査で明確な異常を見つけることができないので、患者の話をよく聞いて診察する必要があります。人間は感情がある生き物ですので、普段の生活において失敗してしまって上司に叱られることもあります。もちろん叱られるということは落ち込む原因となり、元気がない日もあります。しかしながら翌日になると元気になることがほとんどです。ただ、うつ病ではこの元気がない状態が継続して続きます。また、それに加えて身体の不調も起こります。頭痛や不眠になるといったことが挙げられます。つまり、精神症状と身体症状の二つが現れることが特徴です。そしてこれらの症状が一日の中で強く現れたり弱まったりと、波があることも特徴です。うつ病になると必ずこれらの症状が起こるとも限りませんし、つらさの程度は人によって異なります。ストレスや人間関係が原因となることもあるので、うつ病になりやすい性格もあります。そのため、自分自身を知っておくことも大事なことであると言えます。診察においては医師の問診が大事なので、どういった出来事がいつ起きて、そこからどういう変化が起きたかを記憶してくことも大事です。うつ病では発症する原因がさまざまであるので、医師としっかりとコミュニケーションを取ることが大事です。例えば同じ上司に同じように叱られたとしても、発症する人と発症しない人がいます。これはそれぞれの人が持つ性格が違うからです。うつ病になりやすい性格というものが存在しています。医師もどういった出来事が原因で起こったかを知ることにも心がけますが、患者本人がどういう性格かということにも注意しています。そのため、普段から自己分析をしておいて医師に伝えることが大事です。医師も患者を知ろうとすることがポイントです。つまり、医療機関選びにおいて大事なことは、医師が患者と積極的にコミュニケーションを取っているかどうかということです。実際のところ、発症する原因として脳内の神経伝達物質の異常が挙げられます。それは抗うつ剤を使用することで改善することが可能です。しかしながら、本人の性格が変わらないならば、完治したとしてもまた同じことを繰り返す可能性があります。病院を選ぶときには症状を改善するための薬を処方するだけでなく、今後発症しないためにはどうするかということを患者と一緒に考えてくれる医院を選ぶことがポイントです。患者としっかり接することで最適な抗うつ剤の選択も可能です。

Copyright© 2018 うつ病かなと思ったら専門医を受診!【再発する可能性が高い精神病】 All Rights Reserved.