ハート

明確な検査が難しい

うつ病は血液検査などでは判断できない病気の一つです。本人の性格による部分も多く、医師の診察が重要になります。そのため、病院を選ぶときには医師が患者としっかりとコミュニケーションをとるかということがポイントになります。

詳しく見る

カウンセリング

うつの症状への対策

精神が長期的に不安定になる時はうつ病の可能性があるので、クリニックに行って適切な治療を受ける必要があります。利用できる治療法はカウンセリングと薬を使った方法ですが、症状に合わせて利用すれば高い効果を得られます。

詳しく見る

病院

通うべき外来はどっち

精神由来の身体疾患なら心療内科、そして精神症状では精神科を利用するのがうつ病治療の基本です。また病院では色々な薬から治療薬を選んでくれますが、必要に応じて副作用の緩和薬も処方してくれるため、安心してうつ病治療に取り組めます。

詳しく見る

女医

心の悲鳴を無視しない

うつ病には気分が落ち込む「抑うつ」と、それに加え気分が異様に高ぶる躁状態を繰り返す「双極性障害」があります。まずはカウンセリングを受け、必要とあれば病院へ行きましょう。最初は小さい病院へいき、症状次第では大病院に紹介状を書いてもらうと料金を抑えられます。

詳しく見る

うつの対処法とは

病院

治療の必要性

うつ病が生じたら必ず精神科、心療内科などの専門機関を受診してください。自力では治りにくい病です。うつ病が重症化することによって自分の意志をコントロールすることが難しくなります。ですから早期の段階で治療を開始するのがベストなのです。自分自身でうつかもしれないと感じたらまずは病院へ行きましょう。カウンセリングでうつかどうか判断されます。精神病にはいろいろな種類がありますので、どのような状態なのかを自分で把握することも大切なのです。症状に適した治療が施されます。うつ病の場合はカウンセリングと共に抗うつ剤が取り入れられます。抗うつ剤には脳内を安定させる役割がありますので、うつ状態から脱却させる効果が期待できます。服用を始めてから大体1か月以内には効果が実感できるとされています。抗うつ剤は継続して服用することに意味があります。逆にいますと、数日服用しただけではうつ病を治すことはできません。うつ病が発症したら長期で治療を取り組む意識で行ってください。治療自体も大切ですが、身体を休めることも必要です。自分を追い詰めないで長い目でみてください。必ず症状は良くなります。抗うつ剤の辞める時期は医師の判断によって決められます。気分が優れない、常にうつ状態、体調不良などが続くとうつ病が疑われます。常にうつ状態なのがうつ病だと認識されているかもしれませんが、鬱の中には双極性障害と呼ばれてうつと躁を繰り返すものもあります。症状によって治療の方法や抗うつ剤の種類も異なります。女性の場合はホルモンバランスの乱れや更年期になるとうつを発症するケースもあります。妊娠中や産後、育児中にうつ病を発症することがありますので周りのサポートも必要になるでしょう。また、更年期障害としてうつ病が併発することもありますので、精神科や心療内科だけではなく場合によっては婦人科の受診を勧められることもあるでしょう。一時的なうつの場合は短期間で症状が緩和するケースもあります。治療に関しては急がずにゆっくり取り組むことが大切です。うつは再発する可能性が高い精神病でもあります。再発させないためにはストレスを溜めないことがベストです。徐々にストレスが溜まって発症する人、強いストレスが一気に訪れて発症する人など様々なですが、うつはストレスに関係していると言われています。ストレスを全く溜めないのは難しいですから、ストレスが溜まったとしても発散できる方法を身に着けておくと良いかもしれません。

Copyright© 2018 うつ病かなと思ったら専門医を受診!【再発する可能性が高い精神病】 All Rights Reserved.